×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ダイエットにはまずカロリーコントロール!

ダイエットカロリーコントロールに気をつけていてもメタボリック症候群になる人はなる。どういうことかというと運動もしないで食餌療法だけで安心かと言えばそう簡単にはいかないからだ。もちろんダイエットカロリーコントロールに気をつけるに越したことは無いし普段からダイエットカロリーコントロールをレシピに取り入れていればメタボリック症候群になる危険性はかなり減る。最近はダイエットカロリーコントロールを意識した食品やサプリメントが多数出回っている。最近はグリコなどの一般のお菓子メーカーもダイエット効果が期待できるようなお菓子や食品を投入している。ただ気をつけなければいけないのはそれらのダイエットカロリーコントロール食品はそのほとんどがそれを食べていればメタボリック症候群が簡単に防げるようなことをいって宣伝を煽り立てている。それらのダイエットカロリーコントロール食品は確かにカロリーを抑えて必要な栄養素を加えてあるので悪いものではない。高額なダイエットレシピを買うよりましだ。ただちょっと大げさなのでそのダイエットカロリーコントロール食品にだけ頼らないで運動もしよう。

スポンサード リンク

ではダイエットカロリーコントロールだけで充分なの?

ダイエットカロリーコントロールによく使われるアイスも曲者だ。アイスを食べると冷たくなった体内を暖めるために簡単にカロリーが消費されるというがどれほどのカロリーが使われるかはわかっていない。ここでも消費者はその「アイスで簡単にダイエットできる」という噂を信じてしまい運動しない人が多い。大事なことは運動をするかしないかなのだ。なのでいくらダイエットカロリーコントロール食品やレシピを使ったといってもそれだけでは充分ではない。要するにダイエットカロリーコントロール食品を食べた上さらに運動しなければメタボリック症候群の危険から遠ざかれないのだ。運動を忘れないようにしよう。運動がダイエットやメタボ対策に一番ということがわかったところで、効果的なダイエットカロリーコントロールの話をする。要するにカロリーの低い食品を摂るようにすれば良いのだが逆にカロリーの高い食品を覚えておくほうが早い。まず脂肪。ある意味これを減らすだけでダイエット的に言うと劇的に改善するがカロリーコントロールということで言うと、まったく摂らないのは体に良くない。適度な脂肪は必要だ。

ダイエットカロリーコントロールはバランスが大事

でもまったく摂らないくらいの感覚でもいいかもしれない。たとえば炒め物に油を使わないなどだ。なぜならどんな食品にも少しは入っているから、わざわざ外から油を使って調理しなくても、必要な脂肪分はそれで足りてしまうことが多いからだ。いずれにしてもダイエットカロリーコントロール的にいうと脂肪は特に動物性脂肪はできるだけ避けるようにしよう。次にカロリーの高いのが砂糖や炭水化物などの糖質だ。ごはんやパン、麺類などの炭水化物は体内で糖に変わるので、砂糖を食べたのと同じ。ただしこれは脳の唯一のエネルギー源なのでこれを摂らないと危険だ。したがってダイエットカロリーコントロール的には標準的な日本人の体格でごはんは1杯までパンも食パンなら6枚切りで1枚程度に抑えよう。以上の脂肪と糖質(炭水化物)にたんぱく質を加えて三大栄養素という。たんぱく質は三大栄養素のなかで一番カロリーが少なく血や肉髪の毛の素となるので少々多めに食べても、ダイエットカロリーコントロール的には大丈夫だ。これらのことを頭に入れて、自分に合ったダイエットカロリーコントロールレシピを編み出してみるのも楽しい。

Copyright © 2008 ダイエットカロリーコントロール